⇨これまでの人生で買ってよかったもの一覧

自衛隊の英語通訳になる方法:個人的な体験談、英語の学習方法

 
昔の話なんですけど、私は陸上自衛隊に採用され新隊員教育後、米軍キャンプ内にある某陸上自衛隊駐屯地に勤務していました。
 
特別な採用枠でもなく、普通の一般の2等陸士としての採用です。いわゆる季節隊員と呼ばれる10月入隊です。
 
 
そこで僕は中隊長の通訳や、米軍との訓練調整・訓練時の通訳を主な仕事としていました。
 
米軍の発行する新聞を日本語訳して自衛隊内にシェアしたり、中隊長について米軍本部と訓練調整をしたり、ときには訓練中に無線を使い
 
「Alpha to Bravo! Alpha to Bravo! Do You COPY!?」など映画で観たようなセリフをおどけてやっていたりしていました
 
 
配属先の米軍キャンプ内では米軍家族がたくさん住んでいて、週末になると米軍の子供たちによるリトルリーグが開催されるような環境でした。キャンプ内にはバーもあり、米軍関係者と酒を酌み交わすこともありました。
 
 
 
この記事では自衛隊で英語を活かして働きたい方のために、ざーっと自衛隊の通訳になる方法をシェアします。
 
※あくまで個人的な体験談ですので、最新情報については最寄りの地方協力本部に問い合わせをしてみてください。ものすごい丁寧に教えてくれると思います。
 
国家の安全保障上の理由で、いい加減なことは私も書けませんので。悪しからず。
 

まず、自衛隊の採用試験に合格する必要がある。

自衛隊で働くには、必ず自衛隊の定めた採用試験に合格する必要があります。
一般的には自衛官候補生と呼ばれる試験が年間を通して行われているので、自衛官候補生になるのが一番簡単な入り方かなと思います。
 
 
試験自体はぶっちゃけ超簡単でして、これで落ちる人はたぶんいないと思います。とはいえ、僕も参考書で予習はしました。
 
あとは面接で「戦車で街を大暴れしてみたい」とか、「武力を持って世界を変えたい」とか言わなければ、まず落ちることはありません。僕は釣りの話と、刺青が入っていないか聞かれて終わりでした。
 
 
服装も私服でオッケーです。
※僕が面接を受けた時は、鷹の爪団みたいなコスプレした人がいました。その人も受かってました。

職種選択:海外に一番行けるチャンスが多いのは施設科

採用試験に合格すると12週間の新入隊員の教育期間があります。前期教育と呼ばれるものです。

おそらく人生で一番きつい経験をすると思いますが、訓練は必ず達成できるようにデザインされているので頑張ってください。

そこで得た同期との絆は一生物になりますので仲間を大切にしながら12週間、歯を食いしばって頑張ってください。

 

靴の磨き方を覚えていくと少し楽になるので、ご参考にどうぞ。

関連リンク:自衛隊で習った人生を変える靴磨き【鏡面磨きに必要な道具・コツ】

 

前期教育の8週目くらいで、どんな仕事をしたいかの希望が聞かれます。
 
「自衛隊で得意な英語を使いたい」と熱弁した結果、アメリカ軍と駐屯地をシェアしている施設科部隊に配属が決定しました。
 

 

施設科とは、地雷を処理したり、土木工事をしたり、橋を作ったりして戦闘支援をする工兵のことです。ショベルカーの訓練や、各種火薬の取り扱いを訓練しました。PKO(海外の復興支援)に行ける機会が多いです。
任務の特性上、多くの建設機械を保有しているため災害派遣や国際貢献などでは他の職種よりも施設科が活躍する。自衛隊草創期に多く行われた土木工事等の受託でも施設科部隊が多く運用され、初のPKO活動となった自衛隊カンボジア派遣においては施設大隊、自衛隊東ティモール派遣では施設群が派遣された。2010年(平成22年)には1月に発生したハイチ地震 (2010年)に対する国際貢献(国際連合ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH))の一環として陸上自衛隊の施設科部隊が主力となり、のべ3年間にわたり復興活動を行った(詳細は自衛隊ハイチPKO派遣を参照)。wikipediaより

自衛隊の通訳になれる語学力の目安はどのくらい?

結論:TOEIC700点あればかなり有利。

 
僕の部隊では米軍基地の中にあるにも関わらず英語が喋れる隊員はものすごく少人数でした。(秘密を守る義務があるので詳しく言えません、ごめんなさい)
 
 
当時の僕はTOEICのテストで500点台だったので、振り返ってみれば正直全然使い物にならないレベルですね。しかし、それでも自衛隊の中では英語がものすごく得意な隊員という扱いでした。
 
 
なので、自衛隊通訳を目指す人は入隊前にTOEIC700点を取っておくとかなり有利です。
 
 
文部科学省が公認している英検準一級以上ならさらに有利でしょう。
自衛隊は民間資格より国家資格優先するからです。
 
TOEIC700点くらいならスタディサプリ ENGLISH で片手間の勉強で十分です。
 
 
TOEICが間に合わない場合や、会話にもっと自信をつけたい場合はオンライン英会話のDMM英会話で会話を練習しておくのを強くお勧めします。
 
英語が本当に喋れるか確認するために、教育隊の中隊長に呼び出され「英語で何か喋ってみろ」と言われテストを受けましたので。
 
「あ、こいつ本当に喋れるやつだww」と思わせればオッケーです。とはいえ、その確認を受けるためにやはりアピールは大事ですのでオンライン英会話で入隊前にしっかり練習をしておきましょう。

制服組の通訳になる方法

今までは一般の隊員として通訳になる方法を書きました。しかし、もう一つの入口があります。
 
 
防衛省の英語分野の専門職(語学)として試験に合格し、防衛省職員として通訳になる方法です。
ただし、採用はかなり狭き門でして、ライバルは外語大の成績優秀者や海外留学帰りなどの英語エリートとの争いになります。
 
 
語学専門職員の場合は小銃を撃ったり戦闘訓練はしません。あくまで制服組です。アメリカに出張行けるのは楽しそうですけどね、とは言え、かなり狭き門です。
 
 
 
無線に向かって「This is Alpha!! Requesting Air support!!!」とか怒鳴りたい人は僕と同じように自衛官候補生で自衛隊に入り、ソルジャーとして勤務するのがお勧めです。

まとめ、自衛隊の通訳になる方法

 
2つです。
隊員として、泥まみれになりながら通訳をする。(自衛隊に採用される)
制服組として、綺麗な格好で通訳をする。(防衛省に採用される)
どちらも国防という非常にやりがいのある仕事でして、民間の会社では絶対に経験できないような仕事が待っています。
個人的な体験で申し訳ないのですが、控えめに言っても自衛隊で仕事できたことは僕の人生のハイライトの一つでした。
 
 
 
この記事では自衛隊での英語通訳を目指すための手順を書いてみました。英語ができると自衛隊ではとても重宝されます。
 
施設科に入ればPKOで外国で他国軍隊と協力して仕事をするのも夢ではなくなります。
 
 
 
 
そして、一番おいしいのが退職後の「元自衛隊の通訳という肩書が手に入ることです。
この肩書きひとつで外資系や、英語を使う仕事に就ける可能性がぐんと上がります。僕がそうです。
 
とは言え、英語学習を頑張らないと通訳にもなれませんのでしっかりと学習をしつつ。基礎と実践を合わせて勉強をしていきましょう。
 
実践会話のオススメDMM英会話です。
 
それでは、英語学習頑張っていきましょう!
 
 

4 Comments

ささ

女性でも同じように英語通訳になることは可能なのでしょうか。
現在、通訳になるために専門職の試験に向けて勉強しています。この記事を読んで、他国軍との合同訓練における通訳に興味を持ったのでコメント残させていただきました。何かアドバイスをいただけると嬉しいです。お願いします。

返信する
ゆうき

コメントありがとうございます。私の体験談から言うと女性も可能です。
秘密を守る義務があるので詳しくは言えないのですが、僕の駐屯地での通訳の性別比率は半々くらいでした。
詳しくは地方協力本部にお問い合わせいただけると一番最新で正確な情報が得られます。

アメリカ軍が一番身近にあるので、アメリカ軍と訓練が一番多いですが、場所を海外に移せばその他の国との訓練調整も英語通訳がやることになります。おそらく防衛庁の英語専門職が担当になるかと思います。

英語学習頑張ってください!

返信する
ゆうき

僕が自衛隊にいた時は制服組と呼ばれていましたね。
中央、背広、お上などいろんな呼ばれ方があるようです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。