⇨これまでの人生で買ってよかったもの一覧

自衛隊入隊までに必要な持ち物準備情報:必需品から体力錬成方法を紹介します

自衛隊に入る人

自衛隊に合格したけど、入るまで何か準備することはあるんだろうか。

体力はつけたほうがいいのかな?腕立ては何回できればいいんだろう?

持っていく必需品と便利なものを知りたいな

 

こういった疑問に答えます。

この記事の内容

・自衛隊に入るまでやっておいたほうがいい体力錬成方法の紹介
・入隊する時に必要な物品、持っていったほうがいいものの紹介

・自衛隊入る前に読んでおきたい書籍

この記事を読んで道具を揃えれば入隊後の生活がとても快適になります。

3分で読めるんでお付き合いください。

自衛隊に入るまでやっておいたほうがいい体力錬成

入隊まで毎日30分ゆっくり走りこむこと。

ジョギングレベルでいいので走り込みましょう。

 

新隊員教育隊ではとにかく走ります。慣れないまま走ると膝を故障したりして訓練についていけなくなります。

実際どんな走り方をするかというと、ミリタリー映画とかでよく観る「ミリタリーケイデンス」ってやつですね。

自衛隊も実際こんな感じで走るんですが、動画の通りでして早い速度ではないです。ペースは時速10キロです。

慣れれば1時間走っても全く疲れなくなります。

しかし、慣れるまでは結構きついので、入隊前に走り込んでおくと入隊後がすごく楽になります。

MEMO
走るのに慣れてきたら、2リットルのペットボトルに水を入れて抱えて走ってみてください。

ハイポートと呼ばれる銃を抱えた状態で走る訓練の予行練習ができます。ぶっちゃけ超きつくて泣けてきます。

入隊前に走り込んでおくかどうかで辛さが変わってきます。

入隊前は懸垂とボール投げだけやっておけばオッケー

自衛隊で行われる体力検定の内訳はこうです。

・腕立て伏せ

・腹筋

・3000m走

・走り幅跳び

・懸垂

・ボール投げ

腕立ては入隊すると泣くほどやらされるんで、誰でもできる回数が伸びていくんですね。(僕は1日400回くらいやって肩幅が異常になりました。)

 

体力測定は定期的に行われて1級から7級〜級外で評価されます。

級外をとると最悪です。希望する職種に行けなくなります。

そんな中でも級外をとりやすいのが懸垂とボール投げです。

懸垂なんて慣れてないですからね、割とみんな懸垂2回とかしかできないので入隊前に練習しておきましょう。

特に懸垂は1日でも早く練習しておくと回数が伸びやすいので、公園で練習しまくりましょう。

僕は3回から28回まで伸びました。

入隊にあたり持っていくべきもの。必需品

できるだけ入隊する前に揃えた方が良いです。

駐屯地・基地内の売店は価格競争が全く存在しないので、定価販売です。

びっくりするほど定価って高いです。足元見られるカイジの世界です。

洗面用具入れポーチ

SCHEDULE(スケジュール) トラベルポーチ 吊るせるポーチ 防水ポーチ 収納抜群 旅行カバン 軽いポーチ 吊るせるバッグ (ブラック)
SCHEDULE(スケジュール)

こういうやつです。教育隊って自分のスペースほとんどないから、いかにコンパクトにまとめられるかが勝負になってきます。

洗面用具入れポーチあると、演習行くときも使えるし、とにかく自衛隊生活が楽になります。絶対持っていったほうが良いです。

洗面用具セット

教育隊の部屋で、あなたのスペースはベッド上とロッカーしかありません。

ですので、毎日使う洗面用具は極力コンパクトにしましょう。

「トラベルセット」、「コンパクト」これは自衛官の好きな言葉です。

この商品を前述したポーチに入れておけばオッケーです。

自衛隊ではミニサイズは正義です。

洗面容器も必要です。毎日使いますし、対催涙ガス訓練の時にも野外で使います。

きっと泣きながら洗面容器に感謝するでしょう、その時を楽しみにしててください。

僕はケロリンの洗面容器を使っていました。

created by Rinker
ハインツコーポレーション(Hynts)

あとカミソリね。

想像を絶するほど忙しい割に、ヒゲの一本でも残すと腕立てなので、良いカミソリ使った方が良いです。

クレジットカードを作ってから行く

帰省の時なんかに飛行機を予約したりする時に必要です。自衛隊の福利厚生施設(隊員クラブ)でも買えますけど高いですよ。

自衛隊入ってから作ろうと思っても、3ヶ月後には違う駐屯地に飛ばされてるから多分受け取り不可能ですね。

 

なのでやはり入隊する前に1枚作っておくのが良いです。

オススメは無職でも通る楽天カードです。申請から到着までも早いし、なにより年会費無料。

申し込みはこちら→→年会費永年無料の楽天カード

入隊直前に作っても間に合うので作っておきましょう。

自衛隊は長期休暇も前もって分かるので、早割等でしっかり得をしましょう。

抗菌靴下とパンツを多めに

洗濯機足りなすぎて洗濯が毎日回せなかったりします。

あと演習行く時も靴下多めに持っていかないと雨でやられます。

自衛隊のヘビーな訓練ですぐに穴あきますので安いのをたくさん買っていくスタイルが良いです。

靴下、たくさん持ってないと長距離歩いた時に地獄を見ますよ。ふふ

アミノバイタルタブレット

アミノバイタルを持ち込みましょう。

消灯前にボリボリと噛み砕いて飲んでおくと翌日の疲れ方が全然違います。

割とオススメの裏技なので、アミノバイタルを持ち込んで少しでも楽をしましょう。

延長コード

必須&必須。そもそもベッド下のコンセントが届かないとか余裕であります。

あとはアイロン掛けながらスマホの充電できるとすごく捗りますね。

あとはUSB給電でType-C、Lightning、MicroUSBを充電できるケーブル。

ほんと1個あるだけで最高に便利なので絶対持っていくべき

Baseusの3 in 1充電ケーブルが便利すぎる。Lightning、Type-C、MicroUSBが充電できるかなりオススメの充電ケーブル

防水メモ帳

訓練や引き継ぎの時に必ずメモを取るように言われます。

基本的に訓練は外で行います。雨だったらメモ帳がぐちゃぐちゃになってしまいます。

防水メモ帳でオススメはB7サイズのポケットにすぐ入るやつです。

具体的にはこちらです。

自衛隊の中にはあまり防水メモ帳売ってないので買っておきましょう。

クッション性の高いランニングシューズ

ガチで「良いランニングシューズ」を買っていったほうがいいです。

必須&必須です。僕の同期はペラペラのランニングシューズを使い続けて膝を壊して退職しました。

教育隊では課外時間で500キロくらい走ることを求められますので膝が逝きます。

走り慣れていないと必ず脚が痛くなりますので、衝撃を少しでも抑えるためにクッション性の高いランニングシューズを買いましょう。

おすすめは私も使っているアシックスのGT-2000です。

クッション性も抜群ですし、足をしっかりホールドする名作ランニングシューズですのでランニング初心者にはかなりオススメです。

ほんと1日30キロとか余裕で走るので!

ゆっくり走っても3時間ですよ。足の保護は必須。

裁縫セット

着隊したらすぐにすることは裁縫です。

迷彩服やジャージに階級章や名札を付けます。

ODの糸は自衛隊生活で使い続けるので買っておいて損はないです。

靴磨きクリーム

これですね。KIWI。他にも靴磨きクリームたくさんあるんですけど、「自衛隊ってKIWIから金もらってるんじゃ?」と思うほどみんなKIWI使ってます。

ぶっちゃけ駐屯地でも買えるんですが、定価で高いです

入隊する前に靴磨きの事前練習のために買っておいたほうがいいです。

 

靴磨きについては下記に方法をまとめたのでご確認&練習してみてください。

関連リンク:自衛隊で習った人生を変える靴磨き【鏡面磨きに必要な道具・コツ】

速乾Tシャツ

駐屯地でも買えるんですが、みんな買うのですぐに売り切れてしまいますし、駐屯地の中はAmazonの4倍くらい高いです。

Amazonで6枚ほど買っていくのがオススメです。

陸上自衛隊ではODか迷彩色を指定されるので、色はODを買っていくのがオススメです。

ODとは、オリーブドラブの略です。

ミリタリー車両の色のことですね。陸自の基本です。

迷彩色は「これ自衛隊以外どこで着るん・・・」て感じですのでオススメしません。

空自は灰色ですので、お気をつけて

自衛隊入る前に読むべき本

入る前にこの3冊を読んでおくと自衛隊独特の良さがわかると思います。

歩兵の本領/浅田次郎

浅田次郎さんの自衛隊時代を綴った本です。絶対に仲間を見捨てるな!というコンセプトは昔から変わっていないので、本を読んで、そして自分の目で自衛隊を体験してきてください。

自衛隊という学校

自衛隊の教育隊は、学校とどう違うか。最大の違いは「落ちこぼれを一人も出さない」ことだとこの本は主張しています。

実際その通りでして、自衛隊では落ちこぼれは出しません。

教育関係の人にもオススメの書籍です

ライジングサン

陸自の教育隊を舞台にした漫画です。かなり雰囲気は掴めるので読んでおくと良いです。

退職した今読んでも面白いですね。

まとめ、教育隊は人生のハイライトになるからしっかり頑張れ

自衛隊の教育隊、今思い出してみてもとても良い思い出です。

同期と力を合わせて、時に揉めたりしながらみんなで訓練をこなしていく。

諦めなければ絶対に克服できる困難を訓練で味わえます。

何があっても歯を食いしばって、仲間を大切にして諦めることなく頑張りましょう。

教育隊で身につけた成功体験は、自衛隊を辞めた後でもあなたの財産になります。

そして、教育隊の仲間はおそらく人生で一生付き合うので同期を大事にしましょう。

 

「何もないお前らに必要なのは気合い!根性!ハッタリだ!」

教育隊で言われたこの言葉は、今でも何かの困難にぶち当たった時に思い出すようにしてます。

30年以上生きてきましたが、大抵のことは気合いと根性、そしてハッタリでどうにかなります。

 

それでは、国防という任務の重みをしっかりと認識し、国民から信頼される自衛官を目指して頑張ってください。

元陸上自衛官として、新たな一歩を踏み出した後輩にこの記事が届けば幸いです。

 

関連リンク:自衛隊の英語通訳になる方法:個人的な体験談、英語の学習方法

自衛隊を退職した理由

合わせて読みたい:自衛隊で習った人生を変える靴磨き【鏡面磨きに必要な道具・コツ】

自衛隊で僕は何を学んだか

速乾Tシャツは教育隊が終わっても必須なので、6枚ほど用意しておきましょう。

アミノバイタルは本当に教育隊生活を楽にしてくれるので持っていきましょう。

そして、もちろん同期と分け合いましょう。自衛隊では独り占めは許されません