⇨これまでの人生で買ってよかったもの一覧

世帯年収800万てどんな暮らし?共働きで年収400万+年収400万の家庭状況。贅沢はできる

こんにちわ。
 
ほかの家の家計ってどうなっているかすごい気になりますよね。
 
しかしl知人や友人にも「世帯年収いくら?」なんて聞けませんよね。
 
ましてや、「その世帯年収だとさ、どういう生活してるの?」
なんて聞いたら人間関係も悪くなってしまうかもしれません。
 
 
でもやっぱり気になりますよね。
 
 
なので我が家の世帯年収と生活状況を書きたいと思います。
 
私はファイナンシャルプランナーの資格も持っているので節約方法や税金については詳しいです。そんな知恵もこの記事で紹介します。
 
しかし、まだまだ生活の棚卸が必要なことがこの記事を書いて分かりました。
 
 

我が家は世帯年収800万円

我が家の世帯年収は800円です。
 
僕が年収400、妻が年収400なので、ちょうど半分ずつ稼いでいる感じですね。
 
 
少し前はブラック企業~退職のコンボで世帯年収が350円だったので、
「年収800円の生活」ってどんなのだか想像できませんでした。
 
 
それでは世帯年収800円のライフスタイルや、月々の生活費について書いてみたいと思います。
 

世帯年収800万円だと「手取り月収」はいくら?

年収というのは社会保険や税金が引かれる前の総支給額のことをいいます。
なので、総支給額が800円あっても実際に使える金額はもっと少なくなります
 
 
 
僕は会社員でボーナスなし。月の手取り月収は26円。
妻も会社員でボーナスあり。平均すると手取り月収は26
 
 
夫婦合わせると給料の手取りで毎月52になります。
 
子供手当も3歳未満なので月に1.5ずつ支給されて
 
合計535千円の手取りになります。
 

世帯年収800万家庭の生活費内訳

表にするとこんな感じです。

 

項目金額
家賃80,000円
駐車場代8,000円
水光熱費12,000円
通信費9,000円
食費50,000円
外食40,000円
保育園代37,000円
レジャー/娯楽15,000円
保険2,000円
習い事6,000円
積立NISA21,000円
奨学金返済15,000円

上記表の計算で

毎月掛かる生活費は295,000円。

 

手取りの535,000円-生活費295,000円=残金240,000円残る計算ですね。

 

ただこれはボーナスも月手取りに含んで計算しているので、実際に残るお金はもっと少ないです。

 

それぞれをどんな気持ちでお金を払っているかも含めて、詳しく見ていきましょう。

家賃と管理費は8万円

家賃は管理費込みで8円です。
 
以前は駅に近い10円の2DKに住んでいましたが、家賃がもったいないのと子供も走り回るようになったからもう少し広いところが良いので、駅徒歩20分の3LDKに引っ越しました。
 
駅までは自転車を使用すれば5分程度で着きますので特に不便は感じません。
10万円が8万円になったので、一年で24万円得する計算です。
 
 
築20年以上の物件なので、お風呂に追い炊きがないのが少し不便かな。
トイレはウォッシュレットに対応していなかったので、ウォッシュレット対応の便座を自分で買って取り付けました。
 
買い物は徒歩3分の所にスーパーがあるので便利です。生活に不便はありません。
ただ、うちは共働きで買い物に行く時間ももったいないので【co-opdeli】 で注文をしています。
 

駐車場は8,000円

駐車場は毎月8,000円取られています。
妻が通勤で車を使うのと週末車で遊びに行くのでしょうがないか。という感じです。
 
千葉に引っ越してきたときは車を持っていなかったのでタイムズシェアカーを使っていました。
月会費1,000円で使う時だけレンタルできましたが、あまり車が空いてる時間がなくて使わなくなりました。
 
 
出産のタイミングで車を買ったら維持費はかさむようになりましたが、生活のクオリティが上がりましたので満足です。

水光熱費

 
 
水光熱費はあまり節約を意識せずに使っています。
 
もちろん水の出しっぱなしなどの無駄使いはしません。
 
うちの基本方針は「機械で解決できるものは機械で解決」を心がけています。
時間のほうが大事だという価値観からです
 
なので、洗濯は毎回ドラム式洗濯機の乾燥機能を使って乾燥させていますし
夏場は家にいるときはエアコンを回しっぱなしにしています。
 
 
節約してストレスを溜めるくらいなら、水光熱費が2千円くらい上がってもストレスを溜めないようにしています。共働きで小言を言い合うとケンカになるじゃないですか。
 
実際に水や電気を意識的に削っても実際2千円くらいしか変わらないんですよ。
 

通信費 格安SIMで節約

夫婦二人で格安SIMを使っています。
 
音声通話付きプラン5GB契約で月に2,000円です。
 
通話は電話番号を使って掛けると高いので、Line通話を使って節約しています。
 
おかげで夫婦2台で4,000円。
 
 
以前はソフトバンクを2台契約して月に20,000円掛かっていたので
 
スマホに年間24万円も払っていました!
 
現在では毎月16,000円の節約ができています。
 
 
格安SIMに乗り換えるだけで
年間192,000円の節約ですね。
 
 
 
ちなみにスマホの機種はiPhoneSEを使っています。
メルカリで再販することを前提に買っているため、高く売れるSIMフリー版をいつも買っています。
 
 
また、家では月5000円で世界最速のインターネットを契約しています。
 

 
Fire TV StickAmazon Videoを見たり、Huluを観たり、Nintendo Switchの対戦にインターネットが必要なのでインターネットは必須ですね。
 
 
 
Amazon Prime Videoは良質なコンテンツが多いのでYoutube 垂れ流しより全然良いです。
 
 
料理等で子供の手が離せないときに見せています。無料体験もありますのでどうぞ。登録は無料です。

 

食費はケチらない

 
毎週スーパーに1度は買い出しに行きます。平均すると一回で7000円ほど使って1週間分の食材をまとめ買いします。
また、コープデリ も契約していて毎週注文して、少しでも楽をしようと心がけています。
 
 
コープデリ ではアイスコーヒーや牛乳など、毎週必要なものや重いものを注文しています。
 
 
インターネットスーパーの方が楽じゃないか?と提案したこともありますが
妻にすれば紙の方が楽。とのことなので、それ以上は口を出さないようにしています。
 
 
【co-opdeli】 の注文は週1回1,500~2,000円くらいです。
 
 
お酒は、ふるさと納税のさとふるでビールを調達しています。
 
寄付金は私が約4万円、妻も約4万円まで寄付できるので
 
泉佐野市に納税することで
24本入りのビールケースを年間で8箱ほど調達できます。
 
ふるさと納税はものすごくお得な制度なので、やらないと損です。
 
さとふるで得をしましょう。
 
 

外食は楽するために毎週してる

共働きで平日は忙しいので、土曜か日曜は外食をして家事の負担を減らすようにしています。
 
と言っても近所の中華屋さんに行くか、サイゼリヤか、スシロー、焼肉屋のどれかを選ぶことが多いです。
 
 
1回行っても3千円くらいです。家族での外食は月に5~6回行ってます。
 
独身時代はおしゃれをして、遠くのオシャレなレストランまで行って昼からワインを飲んだりして食を積極的に楽しんでいましたが
 
現在では怪獣娘がいるのでファミレスのありがたさが身に染みる日々です。
 
 
平日のお昼代は月に約15千円掛かります。
 
カレーを前夜に作った時はお弁当にして持って行ってます。
それ以外はお弁当作りの手間が掛かるので外食です。

保育園代

うちの自治体の場合、2歳の娘の保育料は共働きで世帯年収800円だと月に約37,000円掛かります。
 
保育料は3歳からは25,000円まで下がるので月に1円以上安くなります
保育料は自治体によるので、詳しくはご自分の自治体のホームページでご確認ください。
 
 
 
最初は高いなーと思っていましたが、父兄参観で見た献身的な保育士さんたちの働きっぷりや、子供が保育園ですごく楽しそうにしている姿や、提供される給食を見たら、素晴らしい制度だなと感動して涙が出るほどありがたいなと思いました。
 
月に37,000円の支払いでこんなに手の掛かる2歳児を週5で見てくれるなら全然良いですね。
 

レジャー/娯楽費用

 
年に7,8回キャンプに行きます。キャンプ場代や、帰りに寄る温泉で1回1くらいです。
 
キャンプの度に娘が成長するのを実感するので、キャンプという家族で楽しめる趣味ができてよかったなと思います
 
キャンプ道具はナチュラム で買って、使わなくなったらメルカリで売っています。
 
 
キャンプ道具って、数年使ったものがメルカリでほぼ定価で売れるので揃えるのに少しお金はかかりますが、売る時のことを考えていつも定番品を買うようにしています。
スノーピークのエントリーパックは買って損することはありません。
 
 
その他のレジャーは千葉だと少し移動すると無料で遊べる公園や児童館があるのでほとんど掛かりません。
 
海も近いので、海に行っても高速代とガソリン代で2,000円くらいです。
 
 
その他娯楽は、まだ子供が小さいので映画を見に行ったりできませんし、ディズニーランドも近くにありますが誘われて1年に一回行くくらいです。
 
家ではFire TV StickAmazon Prime Videoを見せています。
ほんと、昔は娯楽代が高かったですよね。

保険は最小限

 
ファイナンシャルプランナーの勉強をして、日本の社会保障の手厚さが十分に分かったので民間の保険は共済で十分という結論になりました。
 
なので保険は都民共済の総合保障型2型で月2,000円払っています。しかも年末調整で4割近く返ってくるので実質1,200円程度で済みます
 
 
妻の分は、結婚した際にお義父さんが10年分一気に支払ってくれたので支払いはありません。
 
 
日本人の2人に一人がガンになるなんて言われていますが、傷病手当金や高額医療制度を理解すれば「ガンで破産」等の脅しに脅える必要はありません。
 
 
 
その中で特に勉強になったのが
誰も教えてくれないお金の話」
 
 
将来が不安だったり、お金を節約したい家庭なら読まないと損です。
保険の見直しを行いたい方にぜひ読んでいただきたい一冊です。
 

習い事

 
趣味の格闘技でブラジリアン柔術を習っています。
月謝は6,000円です。月4回まで通えるので一回1,500円。
 
ストレス発散と健康・戦力維持のため、健康に投資する意味でスポーツジム代わりに通っています。
 
この年で友達も増えるしおススメの趣味です。
 
1回1,500円でストレスを感じなくなるなら安いもんです。
おかげで健康診断で引っかかったことは一度もありません。
 
 

奨学金

 
妻の奨学金を15千円ずつ返済しています。
 
利子がものすごく低いタイプらしいです。
 
「少額だけ返すようにして返済期間を延ばした方がお得だよ」と伝えましたが、そういうのは好きじゃないらしくきっちり15千円ずつの返済をしています。
 
 
夫婦といえどお金に関しては考え方が違うので、一度断られたことはもう掘り返さないようにしています。
 
 
直感的に、これは議論しないほうがいいな。というのが分かってきましたw
 

積立NISA

2018年から学資保険を解約して積立NISAに切り替えました
 
解約したおかげで1円損しましたがしょうがないです。だって学資保険の利率全然よくないんだもん。
 
僕が契約したときは18年間で200円を投資して、リターンがたったの3円。
 
つまり18年間毎月1円ずつ現金が拘束されるのに、たった3円の利子しかつかないということです。
 
 
なので2018年に始まった積立NISAで毎月21,000円ずつ積立運用をしています。
 
楽天全世界株式インデックスファンドに月10,000円。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスに月10,000円。
ひふみプラスに月1,000円ずつ投資しています。
 
 
将来どうなるかは分かりませんが、今のところ245円のプラスになっているので、変動を楽しみながら運用していきたいと思います。
 
 

その他の費用

 
生活費に含んでいない支出も30円くらいあります。
 
年2回ほど妻の実家の東北に帰省することがあります。
その時は新幹線で往復6掛かります。
 
僕はお金がもったいないので夜行バスを検索して、僕だけ夜行バスで行きます。
バスリザーブが全国網羅していて安いのでお勧めです。
 

【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

 
 
旅行は今年は家族旅行で沖縄に3泊4日で行きます。
飛行機代、ホテル代、レンタカー代、朝ごはんが含まれていて家族(僕、妻、娘)で13円でした。
 
 
その他は冠婚葬祭で結婚式や出産祝いを送っています。
 
なので1年間で合計すると30円くらいです。
 

年収800でお金を使うようになったところ

 
年収800万生活で、少しお金に余裕ができるようになったので
 
時間を節約できるものを買うことができました。
 
ドラム式洗濯機、食洗機、ルンバは全部で30くらい掛かりましたが買ってよかったです。
 
特にドラム式洗濯機は労力を圧倒的に減らしてくれるのでもっと早く買っておくべきでした。
 
“収入が増えたら何よりも先に時間を買え。家事代行、食器洗い機、自動掃除機、何でもいい。時間を短縮できるサービス、モノに金を使え。贅沢し始めたらキリがない。金が貯まらんし満足もできない。時間を買ってその時間を睡眠や運動、趣味や勉強に使え。時間を買い有効活用すれば人生は豊かになってく。”
 
 
あとは友達や後輩に奢ったりすることが増えました。
 
これは収入が増えたのが理由でなく、旅を経験してから
「モノより経験に、自分より他人にお金を使った方が幸せになれる」と気づいたからです。
 
 
周りを幸せにすると巡り巡って自分も幸せになれると信じています。
情けは人の為ならず、ですね。
 
なので、今後もおもしろい経験や周りの人のためにお金を使っていきます。
 

関連記事:もらったお金を全部使ったら人生めっちゃ楽しくなった話

 
なんにせよ、生活水準を上げてもキリがないので、固定費はこれ以上増えないようにしています。
 
 
年収800万生活で必要なものは必要なときに買えるようになりましたが、物心ついたときから不景気だったので、特に散在したいとかは思いませんね。
 
もう必要なものはだいたい揃っているので、これ以上何かを買おうという購買意欲は低いです。
 
今はユニクロとかのファストファッションも品質悪くないですし
いわゆる「コスパが良い」物があふれています。僕もコスパが良いものは好きです。
 

貯金はどうなの

 
貯金はあまりできていないです。良い時で月に4円貯金できればラッキーで悪い時は1円の貯金もできません。
 
 
世帯年収800だから勝手に溜まっていくだろうと考えるのは考え直した方がいいです。
 
なので積立NISAで先取り貯金的な意味でお金を溜めていくのが堅実です。
 
 
生活の実感としては子供も小さいですし千葉の駅から離れているところに住んでいるので生活費も少なく抑えられています。
 
 
これ以上残業をして収入を増やしたいかというと全然そういう考えにはなりません。
 
 
やはり僕の人生において大事なのは趣味だったり、家族と過ごす時間が大切なので無理に残業してまでお金稼ぎすることもないなあというのが実感です。
 
 
 
ただ、やはり感覚的には年収800円あればゆとりのある生活ができるなと感じます。
 
 
しかし生活水準をあげたらお金をいくら稼いでも足りなくなってしまうので、今後も堅実に暮らしていきたいですね。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。