⇨これまでの人生で買ってよかったもの一覧

【買ってよかった】ドラム式洗濯機で圧倒的な時間の余裕ができた:2年間の葛藤の日々

 
 
「洗濯物を干すのって毎日毎日毎日毎日すごい大変。」
 
「ネットの記事で3種の神器で”ドラム式洗濯機”が推されていたわ。本当にドラム式っていいのかしら。でも汚れの落ちが悪いって噂もあるし、高いからずっと悩んでいるわ。」
 
 
我が家も同じような悩みを持っていました
 
なので今回の記事では悩んでいた日々を振り返ってみたいと思います。
 

 

我が家は特に洗濯干しの苦手な私が洗濯をめぐってストレスをためていました。
 
洗濯って簡単に言うけど、工程を分析すると
 
洗濯が終わるのを待つ→洗濯物を取り出す→ハンガーに掛ける→物干し竿まで持っていく→物干し竿に掛ける。
 
これ良く考えるとめっちゃ手間じゃないですか?
 
洗濯終わるのを待たなくてはいけないのはもちろん、干す行為って時間にすると15分くらいかかると思うんですよ。
 
だって共働きの15分て超貴重じゃないですか。
 
さらに疲れて帰ってきても取り込む作業が待っています。
 
物干し竿まで移動する→洗濯物を取り込む→部屋まで持っていく。
 
振り返ってみると超めんどくさいです。
洗濯物のストレスで我が家では夫婦喧嘩が勃発するときもありました。
 
 
結論から言います。
 
ドラム式洗濯機、本当に買ってよかったです。
 
共働きで忙しい現代社会、お金で時間を買えるならば、絶対に買った方がいいです。
 
とはいえ、値段も安くないので躊躇している時期がうちも2年以上ありました。
 
本記事ではその時期の葛藤を振り返ってみたいと思います。
 

縦型洗濯機壊れていないのに買い替えるの?

 
買い替え前までは毎日の洗濯が嫌でした。
うちは保育園に通う子供がいるので、毎日洗濯しないと服が追い付かなくなってしまうのです。
 
 
「なんで毎日洗濯するんだよ。食器洗って風呂入ったんだからもうのんびりしたいよ。」
といつも思っていました。
 
 
特に洗濯機を回して3-40分間の待っている時間が苦痛でした。
 
寝る時間が迫っているのに洗濯終了まであと10分。。これを干し終わるまで眠れない。。こんなプレッシャーと戦う日々でした。
 
かといって壊れていないのに買い替えるのもどうなのかな、、とずっと心の葛藤が続いていました。
 
 

買ってよかった、本当に買ってよかった

 
ドラム式を買うまでにこんなことに期待していました。
 
 
スイッチポンで終わり
↑期待通り☆☆☆☆
 
天気に関係なく洗濯物が乾く
↑期待通り☆☆☆☆☆
 
夫婦喧嘩が減る
↑期待通り☆☆☆
 
ドラムが回るのを眺めて酒が飲める
↑最初はずっと眺めていましたが今は週に一回になりました。
 
子供と椅子に座ってドラムが回るの見るの結構楽しいですよ。
 

ドラム式洗濯機に感じていた不安

逆にドラム式を買うまでこんなところが不安でした。ネットで調べれば調べるほど不安になりました。
 

きちんと汚れが落ちるのか

実際:
全然余裕で落ちてます。そもそも泥汚れは縦型を使っていた時でもたわしで予洗いしていた。
お風呂のついでに漬け洗い&たわしでこするので全く問題なし。
むしろワイシャツのエリ汚れはドラム式のほうが落ちる。
 
洗剤は粉のアタックが洗浄力も除菌力も強いのでド定番のアタックを使っています。

スペースに置けるのか

実際:
うちは築20年以上のマンションなので、洗面所への入口が幅2センチだけ余してギリギリ通りました。
 
めちゃくちゃ不安だったので、買う前にヤマダ電機の担当の人に何度も「通れなかった場合返品できますよね」と確認をしました。
 
 
その人曰く、いままでマンション・アパートで入らなかったことは一度もないとのことでしたが、念には念をいれました。
 
電気屋さんに行くと設置スペース確認シートというドラム式洗濯機と同じサイズのものをもらえるので、不安な人はもらって確認するのが良いです。僕は2回確認しました。
 
 

毎回フィルターを掃除しなくてはいけない

実際:
上部のホコリフィルターを外して溜まったほこりをゴミ箱に捨てるだけです。
乾燥機能を使うと毎回この作業が発生しますが、10秒で終わります。
 
「ドラム式はホコリを毎回とらなくてはいけない」との情報をネットで得ていたので少し心配していました。
 
 
 

排水の匂いがするという噂がチラホラ

実際:
設定すれば問題ない。
 
日立のビッグドラムでは乾燥時に空冷除湿方式と水冷除湿方式が選べます。
 
空冷とは排水ホースから湿気(温風)を出すこと。
水冷とは水を使って水冷除湿をすること。
 
 
風アイロンの風が強いから排水トラップの水が飛ぶとの書き込みがチラホラみられますが、どう考えてもこの空冷設定のせいですよ。
 
少しだけ水の量が増えますが、匂いを避けるために水冷除湿推奨です。
 
おそらくこの設定のせいで排水トラップの水が飛んでしまいホースを伝って匂いが上がってきているのではと推測されます。
 
なのでビッグドラムを買う人はこの設定を見直した方がいいです。
 
  1. 設定の仕方は「切/入」を押して電源を入れる
  2. 「乾燥」ボタンを3秒以上押す

初期設定は1 の空冷除湿方式になっているので
0の水冷除湿方式に変更すれば匂いを防げます。

 
我が家ではこの設定で全く問題ありません。
 

ドラム式洗濯機の選び方

 
何度も家電屋に足を運びました。店員に話を聞いたりネットで色々調べまくった結果
日立かパナソニックの2択だなという結論になりました。
 
パナソニックは詰め替え用洗剤をそのまま入れておけば大丈夫な機種もありスタイリッシュでかっこいい。
 
 
日立は大容量に加え風アイロンでしわが付きづらいのが売り。
 
 
正直、あまり違いはなかったのですが価格.comで見ていると日立の方がパナソニックより3万円くらい常に安かったので日立でほぼきめていました。
 
 
うちは洗濯機の上のスペースを有効活用するためにランドリーラックを使っているためそれを再利用したいと考えていました。
 
なのでそれが活かせるサイズのという縦にスリムな洗濯機に決定しました。
 
 
 
同じサイズのBD-SG100BLは価格.comで2万円近く安いのですがダニ対策コースやナイアガラすすぎがないので「どうせ買うならいいやつを買おう」と思い選択肢には入れませんでした。
 
 
追記:購入して半年。
ダニ対策コースやナイアガラすすぎは一回も使ってないです。

ドラム式洗濯機はどこで買うのが一番得か

5月のある日、いつも通り家電屋に行ったら平日特価で「169,800円」でヤマダ電機に並んでいました。
 
 
価格.comで値段を確認しても最安値で149,800円。それに設置費やリサイクル費用、5年保証に入ると2万円掛かるのでビックカメラを超えてしまいます。
 
なので、その時の写真を撮りまた週末に来ると言ってその日は去りました。
 
 
週末に妻を連れて行くと値段が21万円に戻っていたので、撮った写真を見せて店員さんと交渉をしました。
 
アジアを旅した時に少しでもお金を節約するために交渉しまくったので、交渉は得意なほうです。
 
 
・・・結果として
 
 
楽天カード払い、6年保証、現在の洗濯機買取、家電リサイクル代はヤマダ電機持ち、設置無料、ビックカメラポイント11%付与、商品券4,000円分をくれるという条件で交渉をすることができました。
 
支払代金は税抜き156,299円 税込168,000円でした。
 
もらったのは
 
  • ビックカメラポイント 17,193円分
  • 商品券 4,000円
  • 買取  500円
  • 楽天ポイント 1,680円
  • 値引き合計 23,373円
 
なので
 
実質144,627円でゲットできました。
 
 

ドラム式洗濯機で生活はどう変わった

 
圧倒的に時間と心が楽になりました。
 
さあ!洗濯しようというハードルが下がったおかげでかなりのストレス軽減になっています。気持ちが楽になったので、夫婦喧嘩も激減しました。
 
 
もちろんすべて乾燥できる訳ではないので、物によっては取り出す必要はあります。
 
大事なシャツや道着は縮むのが嫌なので取り出していますが、干す量が激減しているので全く苦になりません。
 
洗濯によるストレスを受ける日々にもう戻りたくはありません。
 
本当に買ってよかったなぁと、回転するドラム式洗濯機を眺めながら酒を飲むときにしみじみ思います。なんか好きなんですよねクルクル回るもの。
 
 
最後に僕の時間に対する大好きなツイートを紹介します。
 

 

空いた時間で自分の健康に投資を始めました。

関連リンク:ブラジリアン柔術の始め方:趣味が欲しいなら筋トレより柔術だよ

 

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。