⇨これまでの人生で買ってよかったもの一覧

【この世の楽園】楽すぎる社内SEという職業を紹介するよ。本当に楽だからワークライフバランスを重視したいなら社内SEを目指せば天国が待ってるよ

社内SEを目指せば人生がすごく楽になります。

 
 
  • もっと楽な仕事をしたい
  • 手に職を付けられる仕事が良いな
  • 社内SEってのが楽って聞いたけどどうなんだろう
 
 
という悩みに社内SE歴10年の僕がお答えします。
 
 
 
結論から言いますね。
 
 
 
 
社内SE、噂通り超楽ですよ!!
 
 
 
残業もほとんどないうえに、やりたい放題、この世の楽園。
 
 
 
僕は社内SE歴10年以上の経験で6社の環境で働いてきました。
 
 
H自動車会社、外資系自動車部品メーカー、東京都庁、
銀行、証券会社、ローカル中小企業と転々としてきました。
 
 
 
なので、業界も幅広く理解していますし、仕事内容もかなり詳しいと自負しています。
 
 
 
「社内SEとは、仕事内容、社内SEのなりかた、どんな人が向いているか」をまとめたので紹介します。
 
 

社内SEってなに?どんなことするの?

一言で表すとITの何でも屋です。
 
 
情報システム部門で働く人のことだと思ってもらっていいです。
 
 
 
仕事内容は何でも屋なのでかなり幅広いです。
 
  • 「パソコンが何もしていないのにぶっ壊れた」
  • 「プリンタの紙詰まりが直らない」
  • サーバーが古くなったから新しいのに交換したい
  • あの人が会社のパソコンで悪さしてないか調査してほしい
  • オフィスの模様替えで床下のLANケーブルを配線し直したり
  • 無線LANの設定をしたり
  • 出張者のパソコンへのセキュリティ対策を考えて対応してほしい
 
 
とにかく、パソコンに関することは社内SEが対応します。
 
 
パソコンが好き人にとっては天職になる可能性が非常に高いです
 
 
 

「ITの仕事ってきついって聞くけど本当に社内SEは楽なのかな。。」

 

という疑問もあると思います。
 
 
 
大丈夫ですよ。
 
 
開発系のITの会社はきつい。社内SEは楽。と考えてください。
 

>>顧客常駐はもう嫌だ!社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

社内SEの一日:ワークライフバランス最強

 

パソコンの仕事全部やると大変そうだと思うじゃないですか。
 
全然大変じゃないです。
 
 
 
一日をどんな風に過ごしてるか説明しますね。
ほぼ毎日こんな感じです。
 

9:00

出社、メールチェック、なにもトラブルが起きていないことを確認
9:30
お茶。同僚とおしゃべりタイム。ネットサーフィン
10:00
運動不足解消のため社内を散歩、暇なおじちゃんたちとおしゃべり
メールの調子が悪いと呼び止められる。再起動で改善。対処時間10秒。
10:30
先ほどのメール不調を大げさにレポートに書く。
10:40
ネットサーフィン再開
12:00
ご飯&昼寝
13:00
ネットサーフィン再開
15:00
電話で呼び出し。ネットが繋がらない。再起動してもらって改善
大げさにレポートを書く
15:15
ネットサーフィン。
16:00
眠いので社内散歩、ネットサーフィン
18:00
定時の鐘と同時に帰宅。
 
 
どんな会社でもこんな感じの毎日です。
ネットサーフィンしまくっていて、怒られたことは一度もありません。
 
 
 
なぜなら社内SEがネットの管理者だから
 
自分が管理者ならやりたい放題ですよね。
 
 

なぜ社内SEは楽なのか

 
社内SEで代表的な大変な仕事っていうと以下の3つです。
 
  • サーバーの買い替え
  • ネットワークの更改
  • OSのアップデート
 
こんな感じですね。
 
 
でもね、こういうのって金と手間が掛かるんですよ。
会社って金の掛かることやりたがらないじゃないです。
 
 
サーバー入れ替えなんて500万くらいするんで、実際は10年くらい同じのをずーっと使うんですね。
 
この前ネットワーク更改をしたときは1フロアだけで1千万掛かりましたし。控えめに言って大金です。
 
 
費用が高いんで、大きな仕事はほとんど発生しないんです。
 
 
しかもいくらアップデートしたからと言って
 
100が130になる程度の効果しかないです。
 
 
 
 
なので実際はほとんどの会社が古いシステム使ったままなんですね。
 
例えば、Office2010使ってる会社が2013→2016→Office365って毎回買い換えますか?
 
 
 
絶対買い換えませんよね。
 

どうすれば楽な社内SEになれるの?

 
IT業界はここ数年、超絶人手不足なので門戸はかなり広いです。
 
 
MEMO
IT・通信業界の2018年10月の有効求人倍率は5.46倍です。
 
 
 
間違っても開発系のSEになってはいけません。目指すべきは社内SE(この世の楽園)です。
 
 
 
未経験の方も安心です。
 
 
まずはヘルプデスクから始めましょう。未経験の40歳でも採用される世界です。
 
 
転職サイトに登録すれば腐るほど求人紹介してくれます。
 
 
 
IT関連に関してはDODAがお勧めです。
 
 
DODAに登録行ったその日に、70件の社内SE求人をもらいました。
 
 
 
社内SEを2年くらい経験すると転職にも有利です。社内SEは潰しが効きます。
 
 
ネットワークとプログラムの仕組みは世界中どこに行っても変わりません。
 
 
日本を代表する大企業から、難民キャンプの医療センターまで使っている仕組みは全て一緒です。
 
 
 
 
繰り返します。社内SEは潰しが効きます。
どの会社に行ってもネットワークとプログラムの仕組みは同じですので。

社内SEに向いてる人

 
多くの社内SEを見てきました。その中で共通点を発見しました。
 
 
うまくやれる人の共通点はたった一つです。
 
  • サボりたがる人
 
 
ITの本質は「いかにシステムに仕事をさせて人間がサボれるか」を考えることなので
 
 
 
どんどん自分がサボれることを考えて、システムに仕事をさせましょう
 

究極のサボりたがりこそ社内SEに向いています。

自分の市場価値をしっかりと知って損しないようにしましょう

自分の市場価値を知って損しないようにしましょう。

 

MIIDASでは質問にいくつか答えることで市場価値を調べられます

僕の結果はこんな感じでした。

スマホからでも超簡単、かつ完全無料で調べられますのでサクッと調べてみるのをオススメします

MIIDASで自分の市場価値を調べる

まとめ、社内SEはやっぱ楽

 
社内SEの魅力を伝えました。
 
 
実際10年やってみて、やはり社内SEは楽だと感じます。

 

 
 
 
どこに行っても潰しが効き、転職する時も簡単に仕事が見つかる社内SE。
 
 
楽園へのチケットを手に入れてみてはいかがでしょうか。
 
社内SEへの転職・にオススメのサイト
 

リクナビNEXT】リクルートの転職サービス

大手のリクルートが運営している転職サービスで、社内SEの求人がかなり豊富です。登録も全て無料で安心です。
社内SEの求人はすぐになくなってしまいますので、なる早で登録して早い者勝ち勝負に負けないようにしましょう。

doda|あなたに寄り添う転職エージェント

最大級の転職サイトなので案件が豊富です。社内SEに興味を持った方は登録しましょう。僕は1日で70件も紹介していただきました。年収850万円の提示もありました。登録も紹介料も全て無料です。

 

【社内SE転職ナビ】 社内SE転職の特化サービス

首都圏の転職案件がかなり豊富でして、面談にいくとものすごい丁寧に紹介をしてくれますのでかなりオススメです。

社内SEを目指す人はぜひ登録してほしいサービス。登録も30秒で終わりまして完全無料です。

 

社内SEの魅力を書きました。

 

それでは、ワークライフバランスを充実させ、良い人生を送りましょう!

【社内SE】情報システム部初心者が読むべき本7冊と仕事のコツ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。