⇨これまでの人生で買ってよかったもの一覧

ホットクック:五目チャーハン作ってみた。時短でかつ絶品でした

 

今回は五目チャーハンを作れるか試してみました。

 

ホットクックを購入してそろそろ1年。週3回以上ホットクックを使い、200回以上の試行錯誤を繰り返し、何が成功する要素か、逆に失敗する要素が何かをつかんできました。

 

 

コンセプトは、いかに手を抜き時短するか。

 

調味料と具材だけにこだわり、人間の手は抜きまくりつつ美味しいレシピを編み出していく。そんなスタイルです。

 

今回はホットクックを使って、五目チャーハンに大成功したのでレシピを紹介したいと思います。

 

ホットクックは初期型のKT-HT99Aを使っています。

 

ホットクックは全機種で手動メニューが付いているので、手動メニューを使えばどのホットクックでもこのレシピは再現可能です。

 

それではさっそく作っていきましょう。

2人分の材料はこれ。でも正直好きな具材入れればいい。

今回は2人分の材料です。

 

暖かいご飯 2杯分
卵 2個
塩コショウ 適量
しいたけ 3個
ニンジン 1/4本
白ネギ(みじん切り) 1/2本
ショウガ(みじん切り) 1/2片
創味シャンタン 小さじ 2杯
ごま油 大さじ1杯
バター 小さじ1杯
特に必ず入れてほしいのが創味シャンタン
正直これがあれば、なんでも美味しくなります。
化学調味料なのですが、これを入れることで一気に中華味感が出ます。
スープなどにも応用できるため、購入してストックがあるとかなり料理がはかどります。

作り方。全部鍋に入れるだけだから時短だよ

  1. 上記材料をすべて内鍋に入れます。卵もそのまま割って入れればオッケー。
  2. 手動メニュー1-1(混ぜる)を選択し8分でスタート。
  3. 加熱が終わったら、一度全体を混ぜ合わせて3分ほど水分を飛ばす。
  4. 再度、過熱を2分加えて完成。

 

あとは出来上がりを待つだけー!!

 

 

完成。味はどう?

 

いや、これまじで超うまいです。

 

ごま油の香りが効いてるし。ショウガを入れたのも成功の要因だったかも知れません。

 

べちょべちょになるかなと心配していたのですが、まったく問題なし。

卵も生のまま投入しただけなのに、きちんと混ざり合っています。

 

むしろお米のコーティングみたいになっていておいしい。

 

 

いつものホットクック様の神の手で、よい感じに混ざり合っています。

 

チャーハンて強火でパラパラが美味しいのかといろんな本を読んだのですが、別に弱火でもできるみたいです。

 

とくにこのCooking for Geeks-料理の科学と実践レシピは過熱を理解するのに役に立ちました。

 

Cooking for Geeks 第2版 ―料理の科学と実践レシピ (Make: Japan Books)

科学的に料理を理解したい方はぜひポチってみてください。
今回もホットクックでチャーハンを作れることを証明しました。
材料を切るだけですので、人間の手を掛ける時間は5分以内です。
それではまた~!

2 Comments

kikiki

さっそく試して作らせていただきました❤️美味しかったです!参考になるレシピをありがとうございます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。