⇨これまでの人生で買ってよかったもの一覧

バンコクの渋滞がひどすぎるからGrabでバイクタクシーで快適に移動した

バンコクの渋滞がひどすぎました。

 

郊外のカオサンロードに行こうとしても道は大渋滞。

タクシーで行ってもメーター使ってくれないし、バスで行こうとしても渋滞ハマる予感がひしひしと伝わってきたので

バイクで行こうと決意し、Grabという配車アプリを使ってみました。

 

結果として「バンコクの渋滞にハマりたくないならバイク最強だな」という結論に至ったので記事で紹介します。

タイで自分のスマホを使う場合はこちらの記事をご参照ください。

関連記事:タイ旅行や出張に行くなら買うべきSIMは一択です【現地でスマホを使おう】

Grab(グラブ)をなぜ旅行者が使うべきか

旅行者がタクシーでなく、Grabを使うべき理由はたった1つです。

  • タクシーが日常的にボッタくってくるから

東南アジアのタクシーは極悪非道です。

今回の旅行もボラれまくりました。

旅でのタクシートラブルを紹介します。

  • 乗る前に値段交渉必須
  • メーターを回してくれるタクシーは珍しい
  • 同じ道をぐるぐる回られる、遠回りされる
  • 道を間違えて指摘したら逆ギレされて降ろされる
  • 「この料金ではここまでだ」と道半ばで降ろされる
  • ガソリン代を別途請求される
  • お釣りをきちんと払ってくれない
  • 謎の友人が突然乗り込んでくる

 

控えめに言って東南アジアのタクシーは極悪ですね、、

そんなトラブルをGrabでは

「良いドライバーだったか?良いお客さんだったか?」を相互に評価するシステムで解決しています。

お互いに評価しあうので、ボッタクリが発生しづらい仕組みになっています。

実際バイタク呼んで乗ってみた

カオサンロードからバイクタクシーでホテルまで移動してみました。

  1. Grabの会員登録
  2. 現在地の指定
  3. 行き先の指定
  4. 呼ぶ

これだけのステップですので簡単です。

会員登録は事前に済ませておけば呼ぶのに10秒もかかりません。

呼んでみた。カオサンからホテルまで129バーツと値段が表示されています。

  • ぼったくられない
  • 交渉の必要もない
  • 場所をうまく伝える必要もない

タクシー3大めんどくさいが全部解決されます。

 

呼ぶと近くのドライバーが迎えにきてくれます。

リアルタイムでドライバーの位置が分かります。

ドライバーに手を振って合図して乗り込みます。

 

目的地に着いたらお金を払って終わり。

ドライバーも親切な人だったのでラッキーでした

肝心のバイクタクシーの乗り心地は

バイクタクシーは日本で普及していないので、かなり珍しい体験です。

 

  • 高校生の原付2ケツ思い出す
  • スピード出しまくりでかなり怖い
  • 道交法って知ってる?
  • 街中で80キロ出していいんですか?
  • ここはレース場じゃありませんよ?
  • あれ?隣の車こすりましたよね?

みたいな感じ。

控えめに言ってかなり危険ですが、日本では体験できないので観光がてらに良いかも知れません。

バイタクのメリットは圧倒的な渋滞回避

なぜ危険を犯してでもバイクタクシーに乗るかというと、たった1つですね。

  • バンコクの渋滞がひどすぎるから

ほんとひどすぎですからね。

バスだと渋滞ハマったら1時間近く掛かるんじゃないでしょうか。

その点、バイクタクシーならすり抜けしまくりで市内なら15分くらいでどこでも着いてしまいます。

危険を冒してでも時間を節約するメリットは大いにありますね。

まとめ、観光としてもバイクタクシー乗るの面白い

Grabで乗ったバイクタクシーはかなり便利でした。

渋滞が市民の間でも大問題になっているバンコク、そんな問題もバイクに乗ればすぐに解決です。

観光としても面白いし、時間の節約にもなる。

 

公道レースさながらの迫力で楽しめるバイクタクシー、1度試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。