⇨これまでの人生で買ってよかったもの一覧

津田沼は住みやすいのか:地元民が住みやすさや生活感をレビューします【おすすめ】

津田沼という土地に住んでいます。

千葉県の東京寄りで東京駅まで25分。始発電車も走っているので、毎日座って快適通勤可能です。

 

そろそろ津田沼に住んで4年目になるので、割と周辺のことが分かってきましたので記事にします。

津田沼の治安情報

津田沼駅北口の1部の通りを除いてものすごく治安が良いです。

とはいえ、週末の夜は少し騒がしくなる程度で、自分から怪しいお店に行かなければ問題ありません。

駅から200mも離れれば延々と住宅街が続きますし、基本的にはファミリー層が多く心配するほどではありません。

 

それでも治安が気になる方は南側をお勧めします。

駅の南側は「奏の森」という高級住宅街が広がっており、一言で言えば「住んでる人種が違う」というほど治安が良いです。

北側住人に僕から見ると、もう別世界です。ハリウッド、もしくはディズニーシーのような街並みになっています。

※北口住人から見た南口のイメージ

津田沼の家賃相場

家賃は都内に比べるとものすごく安いです。

  • 1K  5.98万円
  • 2DK  6.80万円
  • 3LDK  14.02万円

3LDKが異様に高く感じますが、これは駅南側の奏の森が相場を一気に引き上げてる結果です。

駅から15分ほど離れると、一気に家賃が安くなりますので、自転車で駅まで通うスタイルにすると生活費がとても安く済みます。

津田沼のスーパー事情

駅前には無数のスーパーがあります。

北口のスーパー

  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • 業務スーパー
  • つだぬマルシェ
  • トップマート
  • リブレ京成

南口のスーパー

  • ダイエー
  • 角上魚類
  • イオン
  • ベルクフォルテ

これだけのスーパーがあり、食料調達には事欠きません。駅近にはお惣菜屋さんも点在していますので、疲れたらお惣菜買っていけばオッケーです。

地元民としては、イオンやイトーヨーカドーは大きすぎて逆に不便・疲れるので近所の小さめのスーパーに良く行きます。

休日の時間のある時には駅前のイオンに行ったりします。基本的に津田沼駅周辺で必要なものは全て揃います。

津田沼の飲食店情報

和食・中華・ファミレス・高級店・居酒屋なんでも揃います。

サイゼリヤだけで3店舗あります。日高屋も4店舗あります。

中でもラーメンは激戦区で、なりたけ・九十九ラーメン等の有名店がしのぎを削っています。

関連記事:津田沼で人気のラーメン店を地元民が紹介します

 

焼肉は北口の「学一」がとても美味しいです。

パスタは隠れた名店「ペコリーノ」がお勧めです。

関連記事:ペコリーノのランチがお得すぎ!

本当に無数に飲食店があるので、自分のお気に入りを見つけるのも一つの楽しみですね。

津田沼の生活は車があるとめちゃくちゃ楽しくなる

津田沼周辺には遊べるスポットがたくさんあります。

車で10分も走れば「ららぽーとTokyo Bay店」や「IKEA」があります。

幕張の方には「コストコ」や三井アウトレットパーク、ZOZOマリンスタジアム。稲毛海浜公園でのピクニックもありです。

北のほうに向かえば、日本で人気3位の「アンデルセン公園」があり、船橋市民は年間2,000円で年パスを作れます。子供も大喜びです。

関連リンク:アンデルセン公園のボートハウスが日本で一番良いカフェ

 

釣りが好きな人なら、稲毛方面や船橋漁港で釣りも楽しめます。

サーフィンが好きな人なら「花輪インター」から片貝新堤まで40分。一宮までは1時間で到着可能です。

うちは津田沼に引っ越しして1年ほど車無しの生活をしていましたが、今では車無しの生活は考えられません。

車があると津田沼での生活は15倍くらい楽しくなりますので、津田沼に住む人は自動車保有を検討すると良いかと思います。

津田沼での子育て事情

船橋市の待機児童は平成30年10月1日時点で1,109人もいます。

船橋市は保育園の激戦区としても有名で、特に南側の奏の森では小学校すら満杯の状態で、近隣の小学校にバス通学している子供も多くいます。

また子供の数に対して公園の数も少なく、駅前などの人が多い地域の公園は多くの子供で溢れています。

北側も道幅が狭く、交通量の多い道が多いので、親として少し心配です。

南側では更にマンションの建設も進んでおり、さらなる保育園の激戦化が予想されます。行政の対応が必要ですが、追いついていないように感じます。

津田沼に住むデメリット

(※北口の日高屋の前で歩く人を極限までオシャレに表現するとこんな感じ)

津田沼に住むデメリット挙げていきますね。

  • 駅前の保育園が入りづらい。
  • 謎のムクドリが夕方に発生する。
  • 駅に謎の漫画喫茶の看板を着た人がいる。
  • 車道が狭くて、裏道を覚えないと混む

・駅前の保育園が入りづらい。

非常に激戦区でして駅前の保育園は大大大大人気です。駅前に住んでいて駅前の保育園に入れられたらすごくラッキーだと思います。

 

・謎のムクドリが夕方に発生する

駅前に謎のムクドリが発生します。定期的に移動していて北口に行ったり、南口に行ったりして鳴きまくっています。少し怖いですが、もう慣れました。

津田沼のムクドリは有名らしく、テレビでも特集を組まれたことがありますね。

 

・駅に謎の漫画喫茶の看板を着た人がいる

あの人なんなんですか?いつも白いティッシュ持ってますよね。悪い人ではなさそうです。

 

・車道が狭くて渋滞する

北口は車道も狭く、渋滞しがちですね。

土日になるとららぽーと渋滞が発生し、ららぽーと到着までやたら時間が掛かります。

裏道を開拓すれば一瞬で着くようになりますが、渋滞はいつも発生しています。

 

保育園以外は、「慣れればなんとかなる」というレベルですね。

津田沼の上空は自衛隊に守られている

えー、私実は元自衛官でして、防衛に関しては詳しいです。

津田沼の近くに習志野駐屯地というものがあります。そこにはパトリオットミサイル(PAC-3)という迎撃ミサイルが展開しており、常日頃から周辺の安全を守っています。

守備範囲は20-30km範囲でして、津田沼上空にミサイルや敵国の爆撃機が飛来してきても余裕で迎撃することが可能です。

また、習志野駐屯地に展開する第一空挺団は非常に練度の高い部隊でして、万が一津田沼に何かあっても一瞬で解決してくれると十分に期待を持てます。

まとめ、地元民から見ても津田沼は住みやすいです。

保育園さえクリアしてしまえば津田沼は非常に住みやすいです。

買い物は駅前で全て完結しますし、飲食店も無数にあります。

謎のムクドリにさえビビらなければ非常に住みやすい街であると言えます。