⇨これまでの人生で買ってよかったもの一覧

ドタバタの朝を攻略する最強の時短方法【バカになれ】

忙しい朝、やることが多いと朝なのに疲弊してしまいますよね。

ドタバタドタバタしてしまい、気づいたらもう家を出る5分前。

あわただしく家を出ても忘れ物が気がかりになったりして落ち着きません。

僕もずっとそうでした。

でも、たった一つのルールを設定しただけで落ち着いた朝を迎えられるようになりました。

ものすごく簡単にできてゆっくりできますし、幸せな気分になれますので、おすすめの手法です。

 

結論:朝から決断することをなくしましょう

朝から選択肢を増やして決断する機会を完全になくしましょう。

朝から頭を使うから疲弊するということに気づきました。

全てをルーティーン化して寝ぼけた頭でも身支度が完成するようにしましょう

スティーブジョブズが同じ服を着るのも同じ理由です。

  • 決断疲れをなくせる
  • 自由な時間を増やせる

朝のルーティーンを組むメリット

時間が増えることで圧倒的な心の余裕が生まれます。

心の余裕があると子供の世話も楽になりますね。

 

例として、朝からエネルギーを消費しないために毎朝の僕のルーティーンはこんな感じ

  1. 朝起きる
  2. 洗顔・ひげをそる
  3. コーヒーマシンでコーヒーを淹れる
  4. 子供に牛乳とパンを出す
  5. 食べる
  6. 歯を磨く
  7. 子供のトイレ
  8. 食洗器で食器を入れる
  9. 仕事用の服を着る
  10. 出発

 

こんな感じでして、完全にルーティーンが決まってるので何かを決断する機会は0です。

ご飯に関しては「朝から美味しいご飯を!」なんて求めていないので、毎日パンです。

 

あとはフルグラを袋のまま手でボリボリ食べてます。

お皿に盛って牛乳かけるのもめんどくさいので、ここも時短です。

意外とおいしいですし、楽でいいですよ。

(Amazon安いな。。)

そもそも朝ごはんって作る必要あるの?

僕はこの奇跡の本に出合いました。

家庭科の先生が書いた家庭科の本です。

その中でとても大切な文書があります。

「あなたにとってきちんとした食事とはなんですか」

著書の中で筆者はこう主張しています。

 

先生「1汁3菜なんて価値観は疲れる。フランス人を見てみろ、チーズとパンだろ」

僕はとても感銘を受けたので、我が家はパンとミルクが朝食となりました。

(小さい子供だと作っても食べてくれないときもあるしね。)

既存の価値観に従わずにとにかく楽にぼーっと生きたいです。

もっと楽したいなら生協の定期購買がおすすめです。

玄関まで届けてくれるっていう最強サービス

 

妊娠〜小学校入学まで送料無料ですから安いしオススメですよ

生協の宅配サービスを試してみる

朝は楽しましょう、夜も楽しましょう

他にも時短方法のためにいろんな工夫をしています。

たどり着いた結論は「自動家電で家事をぶん殴れ」ですね

とにかく楽に生きましょう。それでは!

子育てと仕事を両立させるために共働き3種の神器を手に入れた結果:ルンバ、食洗器、ドラム式洗濯機は必ず手に入れるべきマストアイテム 【随時更新】30代男が実際に買ってよかったおススメ商品を紹介します